最短、明日の晩、気持ちE! 快感で女を支配したい方募集中 ネットで簡単軍資金を稼ごう!
ライブチャット
<< もう競馬商材には騙されない!セールスレターの嘘を見抜く5つのポイント | main | こんな手があったか!驚きの新手法とは >>
バッドスロッターズU第一話「店員:結衣〜其の弐」
結衣は、観念したのか、俺を押しのけようとはしなかった。

俺は、結衣を便器に座らせたまま、自分は立て膝の状態になった。

結衣のかわいらしい唇にむしゃぶりつきながら、

俺は、掌に少し余る彼女の胸を揉みしだく。

「あっ・・ん」

結衣が息継ぎをするかの様に、吐息を漏らす。

その声に反応するかの様に、結衣の乳首が硬くなって行くのが、

シャツの上からでも、充分に分かった。

俺は、大きくはだけた部分から、手を差し込む。

桜色の唇を吸いながら、水色のブラと乳房の間に手を入れて行く。

手の先に、既にブラの中で窮屈そうにしている乳首が触れる。

乳首は、縦長に硬くなり、俺を楽しませてくれた。

俺は、唇を解放すると、結衣のシャツの残ったボタンを外さずに、

肩口から、ちょうど何かの皮を剥ぐ様に上半身裸にさせた。

ブラをたくし上げると、桜色の唇よりも少し濃い桃色の乳首が顔を出す。

結衣は、言葉を発せずに居る。

成り行きを何処か、自分の事で無い様に見ていたのかもしれない。

俺は、その桃色の乳首がとても愛おしくて、口をつけた。

大きく口を開け、その中心にある突起を舌で転がした時に、

「あぁ・・」

と小さく彼女が言葉を発した。

それは、シャツの上から揉んで居た時とは、明らかに違う。

女の声になっていた。

男子便所の個室で、シャツとブラを乱暴に捲られた女の乳房を弄んでいる。

半ば放心状態の結衣であったが、その頬は紅潮し、

自分の身体が反応している事に気づいていた。

乳房を左手と唇に任せながら、

俺の右手は彼女のミニスカートからはみ出した太ももを弄り始めた。

結衣が座っているので、俺の右手は奥まで辿り着きながらも、

彼女の性器までは辿り着かない。

俺は、結衣にキスをしながら、頭を押して便器の貯水タンクにもたれ掛からせた。

まだ、それでも秘所には辿り着かない。

俺は、結衣の足を持ち上げ、便座に両足を乗せた。

両足をフタの上に乗せると、ミニスカートが持ち上がり、ズルっと捲れ上がった。

白くてきれいな両足の真ん中に、小さな布切れ一枚で隠された部分があった。

ブラとお揃いの水色のそのシルクの布切れ。

その向こうには、男を喜ばせる仕組みが隠されている。

俺は、その時には既に、乳房や唇にもあった神経を、全てその場所に注いだ。

パンティの上から、割れ目をなぞる。

「ひあん・・・」

結衣は、自分の手で自分の口を閉じた。

俺は、上から下へ、下から上へ、割れ目に指を這わせたが、

まどろこっしさを感じて来た。

結衣の腰を抱き抱え、その小振りな尻を持ち上げ、パンティを剥ぎ取った。

結衣のそこは、既に濡れていた。

ぬらぬらと鈍く光り、尻の穴まで達している勢いだ。

その事実を見られた結衣は、顔を真っ赤にして俺と目を合わせまいと首を横に曲げた。

秘所は、使い込まれていないのか、ほとんどぴたりと閉じられている。

しかし、濡れて怪しく光るその部分と、いつもの彼女とがリンクしない。

何か、ここだけは彼女の所有物では無い様に感じられた。

指を割れ目に押し当てると、くちゅっという音と彼女の切なそうな吐息が漏れる。

「あふぅ・・」

その声は、今まで聞いたどの声よりも官能的だった。

俺の股間も既にはち切れそうな程に硬くなっている。

左手で乳房を愛撫しながら、右手で秘所をいじる。

右手の中指が上下に動く度に、結衣は切ない喘ぎ声を漏らす。

「あはぁ・・」

ちょうど中指が突起に触れた時、少し大きな声を出した。

その大きな声に、俺も結衣もドキッとした。

まだ外には、携帯の男が・・・・。

ん?

先ほどまで大きな声で話していた携帯の男が居ない!?

“気づかれたら、逃げられる”

そう思った俺は、結衣の愛液でふやけ始めた中指を割れ目の奥に挿入した。

「いぃ・・」

彼女の喘ぎ声は、それだけで俺を興奮させる。

「ちょっと、濡らしすぎじゃないか?」

小声で意地悪く彼女に問いながら、中指を出し入れすると、

「ごめんなさい・・」

彼女が何故か、謝る様な言葉を吐いた。

その言葉が、俺に火をつけた。

俺は、乱暴に彼女の蜜壷から指を抜くと、中指を彼女に舐めさせる。

最初、意味が分からず顔を背けた結衣の顎を持ち、

「舐めるんだよ、結衣が汚したんだろ?」

と言うと、結衣はペロっと俺の中指を舐めた。

「彼氏は、こんなことしないか?」

また俺は意地悪く、そんな事を言いながら立ち上がる。

立ち上がって改めて見ると、

若くて美人な女の子が、大事な部分だけを剥ぎ取られた半裸の状態で座っている。

こうなってくると、彼女の長い手足さえも、すごく色っぽい。

乳房の上では先端が硬くなっているし、下半身は指を入れていた部分が少しだけ口を開けている。

「結衣だけ気持ちよくなっていいの?」

俺は、サドっ気たっぷりにそう言いながら、ベルト外していた。

ベルトを外し、ズボンとトランクスを膝まで下ろすと、勢いよく俺のペニスが顔を出した。

「ほら、彼氏にやってるようにさぁ、頼むよ」

俺の一番熱い部分が、彼女の目の前にあった。

丁度それは、便器に向かって用を足す様な格好ではあった。

ぴくぴくと脈打つ俺のペニスを間近で見て、結衣はまた首を横に振る。

「いや、やめて・・・」

ここまで来て止められる男が居るだろうか?

“甘いこと言ってんじゃねぇよ!”

と心の中で思いながら、俺は結衣の鼻を摘みながら、

桜色の唇に、俺の赤黒いペニスを近づけて行った・・・。

カテゴリ:バッドスロッターズU【18禁】 | 17:21 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
続き読みたいす
よろしく
| うあう | 2011/03/28 8:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://777.plusk-shop.com/trackback/609653
トラックバック